Talknoteで採用の仕組み化ができ、
採用コストが3割削減

株式会社NATTY SWANKY

業 種:

飲食

導入人数:500名以上

「餃子とビールは文化です」のメッセージを掲げ、「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」を東京・神奈川を中心に55店舗運営しています(2018年4月現在)。外食アワード2017を受賞。2018年働きがいのある会社ベストカンパニー選出。

店舗数が増え、本社から店舗の課題が見えにくくなっていた

・Talknote導入前の課題
以前はLINEを利用していました。その頃は、店舗数が少なく、社長からアルバイトまで名前と顔が把握できていましたが、2015年から店舗が増え、従業員数も急増。それに伴い通知数の増加や、登録名と本名が一致しないなど、LINEを業務利用することに限界を感じ始めました。また本社から店舗の状況を確認することも難しく、特にアルバイト採用においては、現場の状況が見えないことが悪循環を生み出していたと思います。採用は各店舗の店長が担当していましたが、新店舗の場合は開店準備もあり、店長にかなりの負担がかかっていました。負担を減らすため採用代行会社を使いましたが、情報共有や進捗確認の遅れ、採用のミスマッチなどが頻発。解決策を考えたくても、候補者の状況を本社から確認ができず解決できないままでした。従業員同士のコミュニケーションを快適にし、本社から店舗の状況を把握しやすくするためにTalknoteの導入を決めました。

・Talknoteの浸透方法について
まずは導入経緯や使い方の説明会を実施しました。また [トークノートQ&A]グループも作成し、不明点があれば都度解消できるようにしました。ほかにも、投稿内容に豆知識を入れたり、クイズを出題して回答をコメントするように促したり、見た人たちが思わずコメントをしたくなる工夫をしました。導入から2ヶ月後には、アルバイトメンバーもTalknoteに参加しました。最初はなかなか投稿が増えなかったですが…

無料でご利用いただいてから、導入検討できます。

このストーリーを共有する