公私混同を防ぎ、働きやすい職場を実現

株式会社ヴィエリス

業 種:

美容

導入人数:500名以上

「すべての女性をもっとキレイに」を経営理念に、全身脱毛サロン【KIREIMO / キレイモ】を全国に43店舗展開中(2016年11月現在)。クチコミ数は業界No.1であり、モデル・タレント・アイドルも多数ご来店をしています。(出展:http://kireimo.jp/)

店舗運営型のビジネスで重要なのは全社的な一体感

—Talknoteを導入したきっかけ
Talknoteの導入前、社内でのやり取りはLINEを利用していました。しかし、LINEには主に3つの課題がありました。1つ目は公私混同してしまうことです。LINEはプライベートなツールなので、スタッフが休暇中でもその人に通知がいってしまい、休みの日にもかかわらず仕事に関する話題が目に入ってしまいます。会社としては、公私ともに充実できる環境を提供したいと考えています。例えば、私たちは夏の繁忙期に有給休暇を取ってもらうことを推進しています。忙しい時に休んでもらうことは、休み明けの仕事に取り組む動機づけになりますよね。そういう点でLINEの利用は、公私を充実させる取り組みの障壁になっていました。

2つ目は、ツールとしての使いにくさです。現在の仕様はわかりませんが、当時はグループに人数制限があったり、検索性が高くなく、思うような検索ができなかったりと業務利用に適さない点がいくつかありました。また、課題として報告に対するコメントがしにくい点もあげられました。例えば、日報を LINEグループに投稿しても、他のスタッフも同様に日報を投稿し、情報がどんどん流れていってしまうので、特定のスタッフの日報に対してその場でコメントができなかったんです。そうすると、使いにくさが原因で徐々にコメントをしなくなり、コミュニケーションが一方通行になってしまいました。

3つ目は、LINEアカウントにフルネームで名前が記載されていないため、アカウントからスタッフを特定することが困難だったことです。また、プロフィール画像も顔写真ではない場合があるので、ツール上で名前、顔が認識できない状況でした。プライベートなツールですし、会社が利用料金を負担しているわけではないので「本名にしてください」「写真を設定してください」とは言えないですよね。加えて、無料ツールの脆弱性は常に気にしていました。私たちが導入を検討していた時はLINEアカウントの乗っ取りが多発していた時期で…

無料でご利用いただいてから、導入検討できます。

このストーリーを共有する