生徒の学習機会を最大限に生かし、教育現場を活性化

聖徳学園中学・高等学校

業 種:

学校法人

導入人数:500名以上

昭和2年設立の学校法人。現在は、中学校、高等学校合わせて800人以上、教職員は100名弱が在籍。教育方針としては、聖徳太子の「和」の教えにより、優れた人格を育成することを根本とし、「人」「知識」「世界」とつながる力を尊重しています。

スピード感のある対応が教育現場にマッチしていた

—Talknote導入のきっかけについて

横濱先生:
導入のきっかけは社会的背景と本校の抱えていた課題の二つがあります。

現在、コミュニケーション能力の育成が社会や保護者から求められています。「グローバル教育」「アクティブラーニング」「新卒採用」を語る際もそのコミュニケーション能力というワードは欠かすことなく登場します。そのため、コミュニケーションツールに興味を持ち始めました。

また、本校は生徒と先生の距離がとても近いことが特徴の一つなのですが、生徒が勉強や部活の悩みを話したい時、部活、会議などで、職員室に先生が不在のことがありました。先生に話を聞いてもらいたいという気持ちにすぐに応えることができていなかったんです。それが大変残念だなと感じていました。

伊藤校長:
教員間の情報共有にも課題はありました。業務報告が遅かったり、会議などで報告時間が長く、教育についての意見交換に時間を割けていなかったんです。

横濱先生:
このような社会的背景、保護者からの要請、本校の課題も踏まえ、生徒を含めた学校全体で利用するコミュニケーションツールの導入検討を開始し、トライアルで幾つかの社内SNSやコミュニケーションツールに登録をしました。

—検討過程について

横濱先生:
他社ツールとは競合せず、すぐにTalknoteで決まりましたよ(笑)。その理由は、トークノート社のスピード感ある対応です。無料トライアル登録をした直後、担当の方からすぐにお電話がありました。セールスの方だけではなく、サポートの方も素早く、丁寧な対応をいただいています。教育現場というのは、失敗が許されない環境です。致命的なミスがあると、保護者、生徒から不信感を抱かれてしまいます。社内SNSを利用する際、致命的なミスがあった場合、素早い対応が必要です。そういった意味で、トークノート社の対応のスピードは教育現場にマッチしていました。質問をして、2日3日返信がない会社には任せ…

このストーリーを共有する