FEATURES

Talknoteの機能

Talknoteのコミュニケーション基盤を活用した、
様々な組織課題の解決に向けた機能をご紹介します

  • 全社の動きを一目で把握!

    グループ

    伝えたい情報に応じて、関連するメンバーにその情報を共有できます。それらの蓄積された情報は、組織の知的資産になります。また、タイムライン機能で自分に関連するグループの投稿を時系列で追うことができるので、一目で会社の動きが分かります。

    グループ画面
  • スムーズなやり取りで生産性向上!

    メッセージ

    メールに比べて、圧倒的にスピーディーなやり取りができ、対面で会話しているようなコミュニケーションが可能になります。またスタンプを用いて、テキストだけでは表現できない微妙なニュアンスも表現できます。これにより、コミュニケーションコストが下がり、生産性が上がります。

    メッセージ画面
  • タスクを明確化し、抜け漏れを防止。

    タスク管理

    業務(タスク)の依頼、期限などを管理する機能です。依頼した側も、「誰に」「どんな」業務を依頼したのか一覧で見ることができます。 依頼業務が完了していない時には、自動的に通知されます。これによって、業務の抜け漏れを減らすことができます。

    更にTaskbotも!

    • 期限切れの社員にプッシュ通知。
    • 「勤怠表・シフトの提出」「週報の提出」「イベントの出欠連絡」などの自動化。
    タスク管理画面
  • 会話感覚のスピーディなやり取りが可能。

    メッセージ/スタンプ

    会話感覚のスピーディなやり取りが可能。
    微妙なニュアンスもスタンプで表現。

    自社専用のオリジナルスタンプ

    自社専用のオリジナルスタンプ

    キャラクター14種類 × メッセージ40種類

    キャラクター14種類 x メッセージ40種類 スタンプ例
  • 投稿のフォーマットをあらかじめ用意。

    投稿テンプレート

    フォーマット通りに記入するだけなので、必要事項の入力漏れを防ぐことができます。

    タスク管理画面
  • あらかじめ投稿する日時を予約。

    予約投稿

    朝早く、夜遅く、または休日にメッセージを送ると労務上問題になることも・・・でも、すぐに送らないと忘れてしまうこともありませんか?Talknoteなら相手が問題ない時間を指定して、後ほどメッセージを送信することが可能です。

    タスク管理画面
  • メールを転送設定するだけで、自動でTalknoteに情報が集約。

    メール連携

    例えば、あなたのチームに送られてきた「お問い合わせ」メールを、Talknote上のグループに自動転送することが可能です。この場合、Talknote上で「お問い合わせ」メールをすべて一元的に確認でき、素早い対応が可能になります。

    タスク管理画面

利用データの解析機能を使って
従業員の心理面のフォローが可能になります。

  • 従業員の離職意向を早期に発見!

    アクションリズム解析

    組織への関心度、仕事への積極性を把握する機能です。アクセス時間や投稿量といったTalknoteの利用データを一定期間解析し、個々の仕事におけるリズムを見つけます。
    Talknoteへのアクセス時間や投稿量の減少は、業務への意欲が減退している可能性が高いです。退職意向などに繋がる可能性のある、気持ちの変化を早期に発見し、未然に防ぐことが可能となります。

    ※2017年12月「アクションリズム解析」特許取得(特許第6259947号)

  • 従業員のメンタルヘルス不調を未然に防止!

    オーバーワーク検知

    Talknoteへのアクセス時間帯をもとに社員の状況を把握することができ、睡眠不足の検知が可能になります。
    Talknoteにログインしている時間が規定の勤務時間より長いことが続く場合には、人事担当者や上長にアラートを通知。早期に1on1を実施することで、離職やメンタルヘルス不調を防ぐことが可能です。

  • コミュニケーション状況を把握!

    よくメッセージする人

    Talknote上で「誰が」「誰と」「どれくらい」メッセージの送受信をしているのか、上位10位まで閲覧でき、プロジェクトメンバー間や上司ー部下間でどの程度のやり取りが交わされているかを定量的に把握することができます。 それによって、コミュニケーションが著しく少ない部署やプロジェクトへの具体的なコミュニケーション改善指示が可能になります。

  • 組織のコミュニケーション活性度を数値化!

    組織活性スコア機能

    Talknoteの利用状況を分析し、組織のコミュニケーション活性度をスコア化する機能です。
    改善が必要な要因を特定し、改善していく事で、コミュニケーションを活性化し、組織の課題を解決することができます。また、弊社のカスタマーサクセスが、具体的なアクションを定期的にご提案することも可能です。

  • 認め合う文化を醸成!

    サンクス

    他のメンバーに対して、感謝、賞賛を伝えることができる機能です。
    自分の仕事が人から感謝をされるというのは、仕事のモチベーションや生産性向上、離職率の低減に繋がります。また、サンクスの送受信数を自動集計できるので、定期的な評価制度にも活用することができます。

Talknoteの機能をまとめて見る

サービス資料をダウンロード

機能一覧

シンプルで親しみやすいデザインと充実した機能で
メールの代替から承認・称賛・情報管理まで網羅

社内コミュニケーション
活性機能

  • グループ

    伝えたい情報に応じて、関連するメンバーにその情報を共有できます。

  • メッセージ

    メールに比べてスピーディーなやり取りが可能です。

  • タイムライン

    自分が参加している全グループの投稿を、まとめて読む機能です。

  • プロフィール

    プロフィール表示機能です。

  • スタンプ

    テキストだけでは表現できない、微妙なニュアンスまで表現できます。利用企業ごとに独自スタンプの使用も可能です。

  • いいね

    好きな投稿、価値ある投稿に、「いいね」で気持ちを伝えることができます。

  • サンクス

    メンバーに対して、感謝、賞賛を伝えることができる機能です。

  • 既読・未読

    誰が読んだか、読んでないかまで分かります。

HR機能

  • 組織活性スコア

    Talknoteの利用状況を分析し、組織のコミュニケーション活性度をスコア化する機能です。

  • アクションリズム解析

    組織への関心度、仕事への積極性を把握し、必要に応じて管理者にお知らせする機能です。

  • オーバーワーク検知

    従業員の労働時間や睡眠不足を検知し、必要に応じて管理者にお知らせする機能です。

  • よくメッセージする人

    よくメッセージするメンバーを数値化し、上司と部下、同じ部門内のコミュニケーション状況を把握する機能です。

  • メッセージ検閲機能

    社内でのハラスメント行為などの抑止のため、メッセージ内でのやり取りを閲覧することが可能な機能です。

  • 利用ワードモニタリング機能

    キーワードを登録しておくことで、該当キーワードの投稿があった場合、確認することが可能な機能です。

業務効率化機能

  • メンション

    @を使って、特に読んでほしい人へ通知できます。

  • タスク管理

    「やるべきことを」「担当」「期日」を設定し、依頼と管理を行うことができる機能です。

  • 絞り込み検索

    特定の期間や、投稿したメンバーを指定し対象を絞り込んで検索することができます。

  • 社外コミュニケーション

    社外のTalknoteユーザーと、メッセージ機能を使って連絡を取り合うことができる機能です。

  • 動画

    動画を添付して投稿/再生する事が可能です。

  • メール連携

    メール通知機能のある各種ツールと連携し、Talknoteに自動投稿をする機能です。

  • 未処理機能

    後で見返したい投稿やメッセージなどを未処理に設定することで、設定内容を一覧で確認することができます。

  • ハッシュタグ

    #を入力し投稿をすると、ハッシュタグとして投稿されます。

  • シェア機能

    投稿やメッセージで送られてきた内容を、そのまま他のグループやメッセージに転送する機能です。

管理機能

  • ログ抽出

    Talknoteに投稿されたグループ/メッセージへの投稿を、ダウンロードすることが可能です。

  • グループ一括登録・変更

    入社時や所属部署移動の際に所属のグループを変更する事が出来る機能です。

  • 部署連動機能

    部署とグループを紐付けることで、登録メンバーの部署を変更すると、参加グループが自動的に変更できる機能です。

詳しい機能のご紹介や実際の画面を使ったデモもご覧いただけますので、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせする

Talknoteを
試してみませんか?

14日間無料でご利用いただけます。
機能、価格、導入方法、その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。