「エグゼクティブ」 の意味とは?転職や採用についてなど徹底解説 | Talknote Magazine

Talknote Magazine ハイパフォーマンスな組織を実現するための総合メディア

「エグゼクティブ」 の意味とは?転職や採用についてなど徹底解説

役職名などで聞く機会のある「エグゼクティブ」という言葉は、管理職や幹部などには身近な言葉です。最近では、採用や転職にも関わりがあり、「エグゼクティブ採用」「エグゼクティブ転職」などが注目されています。

この記事では、注目されている「エグゼクティブ」について、エグゼクティブな人材の特徴や転職、採用などを解説します。

エグゼクティブの意味

エグゼクティブとは、「執行部の」「実行力がある」などの意味を持つ英語です。企業における実行力がある人物、執行に携わる人物という点で、上級の管理職、幹部といった役職者を表す言葉として使われています。

CEOという役職は耳にする機会が多いですが、正式名称はChief Executive Officerであり、経営における最高責任者を指す肩書です。

ビジネス以外で使われる意味も多くあります。「特別な」「高級な」といった意味があり、エグゼクティブルームやエグゼクティブシート、エグゼクティブ会員など、特別なサービスに「エグゼクティブ」が付く例が多いです。

エグゼクティブな人材とは

エグゼクティブの意味を解説しましたが、「エグゼクティブな人材」とはどのような人物なのでしょうか。主な特徴を5つ解説していきます。

  • マネジメント経験がある
  • 業界への理解がある
  • 先を見る力がある
  • 目標設定力がある
  • 信頼される人間性を持っている

マネジメント経験がある

エグゼクティブが管理職や幹部など経営に関わる人材を指すように、組織を管理・運営する能力や経験が求められます。

マネジメントを行ったチームの規模、成果などによって、エグゼクティブ人材の中でも差が出てきます。ただし、大規模なチームを指揮した、成果を出したというだけではなく、メンバーを巻き込んでチームとして取り組めたか、メンバーを成長させられたかなど、組織として機能し、良い影響を与えた経験が重要です。

業界への理解がある

経営やプロジェクトに関する意思決定を行うためには、業界を誰よりも理解している必要があります。業界全体の動きや競合他社の状況などを広く理解し、より確実にスピーディーな判断をするスキルや心構えが必要です。

自社が所属している業界はもちろん、他の業界に関する知識も役立ちます。他業界での考え方やトレンドを流用できる場合があり、新しい風を吹き込めるでしょう。異業種からエグゼクティブ転職を行った場合には、前社の業界で培った知識やスキルを活用できることがあります。

先を見る力がある

エグゼクティブ人材は、決定権を持つため、将来性を見極める先見性が求められます。ビジネス環境や社会の変化が早くなっているため、これまで以上に重要な能力です。

完璧に予測することは難しいですが、先を見極めることで時流に合った商品・サービスの開発やプロジェクトの推進につながります。先見性を発揮し、明確な根拠を示すことは、ステークホルダーを味方につけるためにも重要です。

目標設定力がある

経営を成功させるには、エグゼクティブな人材本人だけではなく、従業員のパフォーマンスを最大限に引き出す必要があります。

そのためには、ヒトを正しく導く目標の設定が必要です。エグゼクティブな人材には、モチベーションが上がるように適切な目標を立てたり、目標達成に向けて取り組みやすい体制をつくったりするなど、ヒトを導く目標を設定する能力が求められます。

信頼される人間性を持っている

どんなにマネジメント経験があっても、業界の知識があっても、周囲から信頼されなければ組織は機能しません。

エグゼクティブな人材には、ヒトから信頼される人間性が必要です。信頼されることで、周囲が「力になりたい」という思いを持ち、一枚岩になることができます。人間性が一朝一夕で確立されるものではないので、どのような人間が信頼されるのかを考え、日頃から磨いていくことが大切です。

エグゼクティブな人材の採用

エグゼクティブ人材が必要になった場合は、新たに採用する必要があります。とはいえ、能力が高いことはもちろん、豊富な経験も求められるので、簡単に見つかるものではありません。

自身はエグゼクティブだと感じていても、求める能力や経験を持ち合わせていないこともあります。また、積極的な転職活動をする人材は少ないため、ヘッドハンティングを行う必要が出てくるのも知っておきたい点です。

ヘッドハンティングを成功させるためには、自社への理解が重要です。自社の課題を把握した上で、どのようなスキルや経験が必要かを明らかにし、エグゼクティブ人材へのアピールや条件交渉を行う必要があります。

ヘッドハンティングをサポートするサービスとして、エグゼクティブサーチファームを利用するのも方法の一つです。ヘッドハンターとも呼ばれ、企業が提示した条件に合う人材をスカウトし、企業とのマッチングを行います。

リテイナーファームとコンティンジェンシーファームの2種類がありますが、エグゼクティブ人材の採用に関わりが深いのはリテイナーファームです。時間やコストがかかるものの、マネジメントに優れた人材のヘッドハンティングを期待できます。

エグゼクティブコーチングの手法

エグゼクティブな人材を採用するだけではなく、エグゼクティブ層を育成することでも、企業の組織力を高めることができます。

経営者や幹部を対象としたビジネスコーチングをエグゼクティブコーチングと呼び、以下のような方法で実施できます。

  • 1on1形式で実施する
  • テーマを設定して取り組む
  • できないことや恐れを聞き出す質問をする

1on1形式で実施する

エグゼクティブコーチングは、基本的にコーチングをする側と受ける側の1対1で実施します。ヒアリングを元にコーチングの方針を決め、エグゼクティブ人材を育てるために半年から1年ほどコーチングを続けるのが特徴です。

エグゼクティブ人材に必要な能力や知識を養ったり、管理職やリーダーならではの悩みを解消したりするなど、寄り添いながらコーチングを進めます。

テーマを設定して取り組む

エグゼクティブ人材といっても、どのような人材に育てるかは企業によって様々です。必要な役職、課題に合った人材を育てるなど、コーチングの目的に合わせてテーマを設定する必要があります。テーマに沿ったコーチング内容を検討することで、質の高いコーチングの実施が可能です。

できないことや恐れを聞き出す質問をする

エグゼクティブコーチングでは、コーチングを受ける側への質問が肝心です。効果的な質問によって、人材が抱えている悩みや苦手なことなど、改善すべきポイントが見えてきます。

「どのような人物になりたいか」「不安に感じていることはないか」など、つい抱えてしまいがちな弱みや恐れへのアプローチを心がけましょう。

エグゼクティブ転職とは

これまでは、年功序列や終身雇用が一般的であったため、エグゼクティブ層の転職はそれほど多くありませんでした。

現在は、従来の慣習が崩れ始めており、経済のグローバル化やベンチャー企業の台頭、働き方の多様化など、様々な要因によってエグゼクティブ層の転職が増えています。

エグゼクティブ層の転職のことを「エグゼクティブ転職」と呼び、需要の増加とともに、一般的になりつつある転職のタイプの一つです。

エグゼクティブ転職の3つの特徴

一般的になりつつあるエグゼクティブ転職には、以下のような特徴があります。

  • 求人数は少ない
  • 年齢層が高い
  • ヘッドハンティングが行われることも多い

エグゼクティブ層で転職を目指している方は、特徴を理解した上で取り組みましょう。

求人数は少ない

エグゼクティブ人材を求める求人は、それほど多くありません。企業の上層部に行くほど人数が少なくなるため、求人の母数が限られます。少ない求人に応募が集中することもあり、競争に勝たなければいけません。

また、求人が公開されていない場合もあります。エグゼクティブ転職の専門サイトなどで非公開で掲載されていることが多いので、適切なサービスを利用しましょう。

求人を探すこと、応募者から選ばれることは簡単ではなく、中長期的な計画で転職活動を進める必要があります。

効率的に転職活動を進めるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。希望条件を担当者に伝えることで、条件に合った求人を見つけやすくなります。こまめに連絡を取り、担当者との関係を築くことができれば、より良い企業を見つけられるでしょう。

年齢層が高い

エグゼクティブ転職では、経験や実績が豊富な人材が求められるため、年齢層が高くなる傾向があります。

求人の募集要件が30~50代で設定することもあり、年齢によっては条件に当てはまらないケースもあるでしょう。

ヘッドハンティングが行われることも多い

エグゼクティブ転職では、企業側がマッチングを重視することが多いです。求めている人材像が明確であり、当てはまる人材にヘッドハンティングを行うケースがあります。

企業との相性が良ければ、転職を成功させやすくなるので、自身の強みや条件などを明確にすることが大切です。企業からのアプローチに対して、長所や経験を伝えることでマッチングを期待できるでしょう。

まとめ

エグゼクティブという言葉には、「特別な」「幹部」「上級の管理職」などの意味があります。ビジネスにおいては、管理職や幹部など経営層に含まれる人材を指す用語です。

採用やコーチング、転職など様々なシーンで、エグゼクティブ人材との関わりが深くなっています。エグゼクティブの意味を正しく理解し、人材を求める企業は採用やコーチング、求職を目指す人材は転職に取り組みましょう。

RELATED

組織の情報共有を最適化しませんか?

14日間無料でご利用いただけます。
機能、価格、導入方法、その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。