• 2019年 8月6日 (火)

【7つの習慣】フランクリン・コヴィー・ジャパン×【エンゲージメントクラウド】Talknoteコラボセミナー 満員
御礼

数々の企業が本来の目的であるビジネスインパクトを得られるよう、リーダーやメンバーの意識変革、行動変容を可能にするラーニングプロセスのコンサルテーションを提供しているフランクリン・コヴィー・ジャパン。「7つの習慣」をはじめとするプログラムコンテンツは、今や米国フォーチュン100社の90%、グローバル・フォーチュン500社の75%に導入され、グローバルスタンダードとして、世界147カ国にて展開されています。今回は同社取締役副社長であり、プログラム開発・コンサルタント部門を統括している佐藤亙氏にご登壇いただきます。

Session1
競争優位性をアップグレードする企業カルチャーづくり
– 個人・組織の効果性を高める「7つの習慣」–

コミュニケーションを改善させるため、生産性を向上させるために、企業は様々な仕組みや制度を取り入れています。 それらはもちろん必要なものですが、実際に働く個々人のマインドセットが変わらなければ効果が十分に発揮されません。
コミュニケーションや生産性は、個人の効果性に注目した取り組みからこそ生まれるものです。
過去20年以上にわたり日本市場での人材開発、組織開発を支援してきたフランクリン・コヴィー・ジャパンが、今まで培ったナレッジと経験を基に、企業の戦略を推進し、持続的成長を可能にする組織カルチャー作りの観点から本質的なアプローチを紹介していきます。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
取締役副社長
佐藤 亙氏

1988年、モトローラ社に入社以来、一貫して人事畑を歩む。1993年にモルガン・スタンレー証券社に転職。パフォーマンスマネジメントを中心とした企画業務を経て、人事ジェネラリストとして人事業務全般に従事する。その後、日本ケイデンス・デザイン・システムズ社人事マネージャー、日本マイクロソフト社人事本部長、SAPジャパン社人事本部長・バイスプレジデント、日系ベンチャー企業の執行役員を歴任した後、2006年にフランクリン・コヴィー・ジャパン副社長に就任。「7つの習慣®」をはじめとした研修全般のプログラム開発、コンサルタント部門を統括している。

Session2
共通の価値観が浸透したいい会社をつくる

私達は、共通の価値観が浸透し、社員、顧客、パートナー、関わる全ての人が、その会社と関わることに意義を感じられることが、1つのポイントだと考えています。
会社の価値観は、そこで働く人達の会話に表れます。互いにどう呼び合い、何について、どんな言葉を使って会話をしているか。様々なお客様の人・組織の問題解決をサポートする中で見えてきた、組織の価値観を象徴する言葉、浸透のヒントをご紹介します。

Talknote株式会社
取締役
和田 郁未

1986年茨城県生まれ。早稲田大学卒業後、新卒で芙蓉総合リースへ入社し、法人営業を担当。2013年に当時社員5名Talknote株式会社にてセールスに従事。2017年には入社から培ってきた経験を活かし、カスタマーサクセスチームを立ち上げ、チームリーダーを務める。2018年7月に社内最速で取締役就任。

14:30
受付
15:00
開始
15:10〜
Session1
「競争優位性をアップグレードする企業カルチャーづくり
- 個人・組織の効果性を高める「7つの習慣」-」
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社 取締役副社長 佐藤 亙氏
16:40〜
休憩
16:50〜
Session2
「共通の価値観が浸透したいい会社をつくる」
Talknote株式会社 取締役 和田 郁未
17:40〜
休憩
17:50〜
質疑応答
18:20〜
アンケート記入
18:30
終了
日時
2019年8月6日(火)
15:00〜18:30(開場14:30)
会場
Talknote株式会社
セミナースペース
〒106-0032
東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル9F
アク
セス
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅1番出口から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線、東京メトロ日比谷線「六本木」駅6番出口から徒歩6分
参加費
無料
定員
30名
※応募者数が定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。予めご了承ください。
対象
経営者・人事責任者
持ち物
当日は名刺をお持ちください。
連絡先
03-6435-5774
seminar@talknote.com