距離を越えて、全社員に経営者の思いが浸透

株式会社ネクシィーズグループ

業 種:

サービス業

導入人数:500名以上

1987年に創業し、2004年に東証一部に上場。主力事業である初期投資オールゼロ「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」に加え、より安価な電気を供給する「ネクシィーズ電力」を開始。また、電子メディア事業では、電子雑誌、ソリューションが好調に推移。世界初の3Dクレーンゲーム「神の手」をリリースし、ゲームメディアという新しいメディアを創造中です。

現場への情報の浸透が
確実に早くなった

—Talknote導入前の状況について
関様:
本来、風通しも良く、経営陣と現場との距離も近かったのですが、経営陣の考えや思いを知るために、頻繁に更新される代表のブログを自分たちから見に行く慣習がありました。

佐々木様:
そのような代表の発信のおかげで、会社の動きはしっかりと現場に伝わっていました。ですが、具体的に経営陣が何を考えてその動きを取っているかまでは伝りにくさを感じていました。

また、現場の情報を経営陣に伝えるときも階層状になっていて、伝達のスピードが遅くなることも。それにより、伝達後の行動もつられて遅くなり、業務に支障がでることもありました。

当時、社内でメールとLINEを利用していました。ですが、LINEはプライベートツールなので、社内情報を社外に誤送する可能性はゼロではありません。なので、LINEの利用を控えるため、Talknoteの業務利用を推奨しました。

—浸透の過程について
佐々木様:
Talknoteの浸透には多少時間がかかりました。それまではテレマーケティング事業でしたので社内での業務がメインで「業務連絡はメール」という意識が強く、メールからTalknoteへの移行は簡単ではなかったです。しかし、2012年にエネルギー環境事業(法人営業)に移り変わると同時に外出が多くなることで、Talknoteが一気に…

このストーリーを共有する