エンゲージメントサーベイを活用して
組織改善を図ろう

「エンゲージメントサーベイってどういう意味?」
「エンゲージメントと従業員満足度は何が違うの?」
「エンゲージメントサーベイを実施するメリットってあるの?」

「エンゲージメント」という言葉になじみがないと、エンゲージメントサーベイの意味も理解しにくいでしょう。そこで、本記事では、エンゲージメントおよびエンゲージメントサーベイの意味を解説します。さらに、従業員満足度との違いや、エンゲージメントサーベイを実施するメリットについてもまとめました。

本記事のポイント

  • エンゲージメントサーベイの意味が理解できる
  • エンゲージメントと従業員満足度との違いが理解できる
  • エンゲージメントサーベイを実施するメリットが理解できる

本記事を読むことで、エンゲージメントサーベイの正確な意味と実施するメリットが理解できますので、ぜひ参考にしてください。

エンゲージメントサーベイとは

エンゲージメントサーベイとは、どういう意味なのでしょうか。言葉の定義や重要性について解説します。

エンゲージメントサーベイの概要

エンゲージメントサーベイを理解するには、「エンゲージメント」の正確な意味を知らなくてはなりません。エンゲージメント(Engagement)とは、和訳すると「婚約」や「契約」といった意味です。一方で、企業活動におけるエンゲージメントとは、「従業員と組織(企業)の心的なつながり」を指します。

エンゲージメントを高めることで、「従業員のパフォーマンス向上」「組織へのコミットメント意識の向上」「離職抑制」などにつながります。エンゲージメントが低い会社は、離職率が高く従業員のパフォーマンスも十分に引き出せていない状態といえるでしょう。

従業員と組織の心的なつながり(エンゲージメント)を調査するため、従業員を診断する方法が「エンゲージメントサーベイ」です。エンゲージメントサーベイにより、「従業員が会社に対する愛着心をどの程度持っているか」分析することができます。これにより、人事上の課題が見つかり、問題点を解決する対策を検討したり実施したりできるようになることが期待できるでしょう。

エンゲージメントサーベイには「センサス」「パルスサーベイ」の2種類あります。

・センサス

年1回など大規模に行う調査のことです。大規模なセンサスは、問題の個数が多く、多面的に調査できるメリットがある一方で、集計や改善策の兼用に時間がかかるデメリットがあります。センサスの実施で、エンゲージメントが低く問題のある部署を見つけ、改善策を探ることが可能です。

・パルスサーベイ

月1回など小規模・頻回行う調査のことです。パルスサーベイは、質問個数も少なくピンポイントで調査項目を絞る点が特徴。比較的短いサイクルで質問数が少ないため、従業員が回答する負担も少なく、結果分析もより迅速に行える点がメリットです。

センサスとパルスサーベイは、時と場合に応じて使い分けましょう。

厚生労働省が重視している「ワークエンゲージメント」

厚生労働省では、仕事に関連するポジティブで充実した心理状態のことを「ワークエンゲージメント」と定義しています。ここまで解説してきたエンゲージメントとワークエンゲージメントは、ほぼ似たような概念です。

ワークエンゲージメントは、一時的な状態ではなく、従業員と仕事全般の安定かつ持続的な関係性を指します。ワークエンゲージメントは、以下3つが揃った状態だと定義されています。

  • 「仕事から活力を得ていきいきとしている」(活力)
  • 「仕事に誇りとやりがいを感じている」(熱意)
  • 「仕事に熱心に取り組んでいる」(没頭)

出典:厚生労働省

ワークエンゲージメントが高い従業員は、仕事から活力を得ると同時に誇りとやりがいを感じた状態で熱心に仕事をしている状態といえるでしょう。

「エンゲージメント」と「従業員満足度」の違い

エンゲージメントと似ている言葉に「従業員満足度」があります。ここでは、両者の違いについて整理していきましょう。どちらも高い状態にあると、従業員の離職を抑止する効果があるとされています。

エンゲージメント

エンゲージメントとは、「企業と従業員の心的なつながり」のことです。企業に対する愛着心や、信頼、モチベーションといった感情もエンゲージメントに含まれます。従業員と企業は、対等の関係にあり、ロイヤリティのように会社へ従う忠誠心とはまた違う形で会社に心的なつながりを持ちます。

エンゲージメントの高い従業員は、「所属する組織に対して貢献したい」という意欲が高い状態です。結果として、組織へのコミットメント・仕事に対するモチベーション向上・離職抑制の効果があります。

従業員満足度

従業員満足度は、企業から与えられる「給与」「福利厚生」といった待遇や環境に対する満足度を示す言葉です。従業員満足度は、「会社の条件や環境に満足しているかどうか」を示します。

2つの相違点

従業員満足度とエンゲージメントの相違点は、どこにあるでしょうか。ポイントは、組織貢献意欲です。従業員満足度が高いと、離職率は下がる可能性は高くなりますが、従業員の組織貢献意欲が上がるわけではありません。つまり、従業員満足度が高くても仕事に対するモチベーション向上や組織へのコミットメントに対する効果はあまり期待できない状態です。

一方、エンゲージメントが高い状態であれば、組織のビジョンに対する理解が深くなるため、共感することでビジョンに対するコミットメントが高まります。その結果、組織全体のパフォーマンスの向上が期待できるでしょう。

エンゲージメントサーベイを実施するメリット

エンゲージメントサーベイを実施するメリットは、主に2つです。

1.気づいていない組織課題が見えてくる

エンゲージメントサーベイにより見えてくる課題は、一般的に以下が挙げられます。

  • 個人間や部署間のコミュニケーション不足
  • マネジメントできていない
  • 自分で成長しようという従業員の意欲が低い
  • 従業員に主体性がなく受け身で仕事を進めている

エンゲージメントサーベイでは、課題の度合いを数値化できます。そのため、施策の効果測定にもこの数値を活用し、PDCA(Plan・Do・Check・Action)サイクルを回しての改善を行うことが可能です。

エンゲージメントサーベイを実施することで、「理由は分からないが人材育成がうまくいかない」「組織課題が多くどこから着手すべきか判断できない」という悩みも解決できます。

2.従業員の生産性の向上や、離職率を抑制できる

診断結果から課題を導き、的確に改善することで従業員の自発的な組織貢献が期待できます。また、診断結果をもとに従業員を個別フォローすることで、従業員自身の課題感も把握でき、各従業員に即した改善策を講じることが可能です。その結果、生産性の向上や離職率の抑制が期待できます。

エンゲージメントサーベイは、調査して終わりではありません。結果を分析して改善策を実施、さらに結果を再調査により確認して目標の方向を目指すことで、組織を改善する有効な手段となるでしょう。

まとめ

エンゲージメントサーベイとは、「従業員が会社に対して心的なつながりをどれだけ持っているか(エンゲージメント)」調査することです。エンゲージメントサーベイにより、問題のある部署および問題の度合いを数値化して把握することができます。

問題は、数値で把握できるため、改善案が検討しやすい点はエンゲージメントサーベイのメリットです。その後の対応でも改善状態が明確になるため、PDCAサイクルが回しやすくなるでしょう。

組織のエンゲージメントを上げる施策の一つとして、Talknoteのようなビジネスチャットの導入が効果的です。ビジネスチャットには、組織のコミュニケーション不足を補い、従業員が主体的に情報共有することを後押しする「いいね」「サンクス機能」などが備わっています。

エンゲージメントサーベイを行い、課題を分析して組織を活性化する改善案を検討する際には、同時にビジネスチャットの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

共通の価値観が浸透したいい会社をつくる

Talknote お客様活用事例集

事例集をダウンロード
Talknote お客様活用事例集

共通の価値観が浸透した
いい会社をつくる

Talknoteを
試してみませんか?

14日間無料でご利用いただけます。
機能、価格、導入方法、その他ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。